過払い金請求で払い過ぎた利息を取り戻したい、けれど取り戻すための費用が気になるという方もいるでしょう。

もしも高額な費用が掛かるのなら、取り戻せる利息分によっては請求するだけの価値がないかもしれません。
過払い金請求にかかる費用は、「法律家に依頼して請求する」又は「自ら請求する」のいずれかで変わってきます。

プロミスの過払い関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

もちろん自ら請求をした方が安上がりですが、知識、手間、時間がかかるため法律家に依頼するのが一般的です。


法律家に支払う費用には相談料、着手金、基本報酬金、成功報酬がかかってきます。

相談料は30分で無料~5000円、着手金は無料、基本報酬金は無料~5万円、成功報酬は回収金の20%が相場となっています。


いずれも1つの債権者あたりにかかる費用です。

例えば、A社へ請求する場合に相談料と着手金は無料、基本報酬が5万円、100万円の過払い金を取り戻せたら、25万円の費用がかかることになるでしょう。



さらにB社にも請求する場合に相談料と着手金は無料、基本報酬が5万円、50万円の過払い金を取り戻せたら、15万円の費用がかかることになるでしょう。

すると、A社とB社合わせて取り戻せる金額は150万円、法律家に支払う費用は40万円ということになるので、実質110万円の返還となります。

知って得するOKWaveの情報が詰まったサイトです。

ちなみに、請求に対する和解案の提示があり、それに応じれない場合は訴訟になります。


訴訟を行う場合は訴訟費用が5万円、訴訟にて回収できたら成功報酬は回収金の25%が相場となっています。