貸金業者からの取り立てに困っている場合、過払い請求をするだけで取り立てが止まることがあります。


消費者金融を5年以上利用している方なら、発生している可能性が高いです。
契約年数や金額にもよりますが、10年以上の利用なら相当に大きな過払いが発生しているはずです。

wikipediaに関するお役立ち情報コーナーです。

払い過ぎた利息は貸金業者が返還する義務がありますが、返還請求をしなければ応じてはくれません。借金よりも過払いのほうが大きくても、業者側は取り立てをしてくるでしょう。
このような場合は、弁護士に過払い請求の依頼をするのが一番です。弁護士に代理人になってもらって、債権者と交渉してもらうのです。

業者側に受任通知が届いた時点で、取り立てはピタリと止まるでしょう。そして返還された利息でローンを完済できれば、ブラックリストに載ることもありません。

自分のお金を取り戻すことは、債務整理には該当しないからです。ただし、借金の一部が残ってしまうような場合は要注意です。

例えば、任意整理をして結果として過払いが発生していた場合は、ローンを相殺できなければ債務整理の扱いとなります。

過払い金の請求が気になる方はこちらへご来訪下さい。

ブラックリストにも登録されてしまうので、借金の残額を一括で支払うようにするべきです。

借金の返済に困っている方の多くは、5年以上前から借りているのです。

借入年数が長い方ほど多くの利息を支払っているため、弁護士を介して取り戻しましょう。
司法書士に依頼することも可能ですが、個人再生や自己破産に移行する必要性がある場合などは弁護士のほうが強いです。